運動会の悩みを聞く

By on 11月 21st, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

先日夜子供と添い寝をしているときに、年長さんになる長男がふと自分の悩みを打ち明けてくれました。いろいろな話をしていますが、実はねと言うトーンで深刻な表情なので一体何事かと私は思いました。話を聞いてみると秋になっている運動会の話でした。

うちの息子はかけっこがとても早く自分が一番でないと気が済まない負けず嫌いの性格です。走るのはとても早いので去年の運動会でも一番をとりました。しかし、幼稚園最後の運動会では、単なる短距離走ではなくて、網をくぐったり平均台に登ったりトンネルをくぐったりする障害物競走のレースになるのです。

ただ単に足が速いだけでは勝てない種目になりました。分も十分に影響してくる複雑なケース展開になることが目に見えていました。それだけでも緊張感は高まるのですが、息子にとってもう一つ心配な出来事があったのです。

息子はこの夏休みに大変急に身長が伸びたのです。背の高さもクラスに計ると去年よりも何人か上抜いていたそうで、その順番も後ろのほうになったというのです。

ですから、大体のレースは背の高さが5人区切りで走ることになるので、自分がどこのグループになるかというのをとても心配していたのです。

息子が一番気にしていたのが、自分の後ろがクラスで最後尾のグループになって、一番背の高いグループになってしまうということです。背の高い息子の友達たちは、体格からして既に小学2年生といってもいいほどの外見です。そんな男の子が4人くらいいるのです。はっきり言って、そのグループに入ってしまうと息子もかわいそうです。

それを心配していたのですが、先日のグループ分けの時ギリギリその最後尾よりひとつ前のグループに入ることができたのだそうです。

息子は跳び上がって両手を突き上げて喜びを表現したかったようですが、その時は心の中でこっそりガッツポーズをして1人喜びを噛み締めていたそうです。

それを私に2日連続で報告してくれました。私も久しぶりに息子からの話に大笑いしてしまい、よかったねと言って息子と固い握手を交わしました。

息子も一人前に大人びたことを考えるもんだなと思いました。そして、私でも大いにわかるそんな理由で喜びを噛み締めていたという話がとても可愛らしく感じました。

Read full story »

Filed Under:ブログ

子供の問題に悩む

By on 11月 17th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

息子の通う幼稚園のお友達の話です。同じバス停から乗る年少さんのお友達のお母さんが、先日我が家に遊びに来ました。母親だけで一緒にお茶をして話す事はあまりないので、その日はゆっくりおいしいケーキを食べながらのお茶会になりました。

子供同士はそれなりに仲が良く、私の娘は、その年少さんのことを大変可愛がっています。そんなことからも親同士はつながって、親しくなりました。しばらく話をしていると、そのお母さんが急に神妙な顔つきで私に相談事をしてきたのです。

実は、近所に住んでいるえいこちゃんのお話です。うちの娘と同じ学年である彼女は、一人娘で普段から結構なわがままを連発している子供です。女の子なのに小さい子供にも優しくしてあげることがなかなかできずに、少し問題ありと一瞬思ってしまうような感じの子供です。

そんな彼女が、その年少さんと幼稚園で2人だけになったりしたときに、どうやらバスの中で手をつねったりするような意地悪をされているというのです。

自分の子供はまだ小さいので、言っていることが真実なのかどうか見極めるのがとても難しく判断に悩んだようなのですが、作り話で詳細なことまで話すこともできないだろうということでお母さんは自分のお子さんのことを信用していました。

しかし、その話を私は初めて聞いた時、本当に衝撃を受けてしまったのです。そのつねるお子さんは、私の娘に対してもしょっちゅう同じようなことをしていて近い存在として私は大変悩んでいたのです。そして、別のお子さんでも、その子からつねられるという被害を受けている子がいることも私もしっていました。ですから、その奥さんが話を聞いたとき、おそらくそれは真実なのだろうという話をしました。自分の経験と、周りで同じような被害に遭っている人の話をしてあげると、そのお母さんも妙に納得していました。

近所でこれからも長い付き合いになるので、どのようにこの問題を解決すべきか考えました。 1人で考えるよりも一緒に考えた方がいろいろと知恵は出るものです。直接お母さんに打ち明けるか、それとも遠回しに幼稚園から伝えてもらうかなど色々な案が出ました。
母親同士でも、考え方にいろいろ微妙な違いがあるので、個人個人の思うように行動すべき、それぞれやりたいようにやったほうがいいということで結論付けましたが、これだけ被害者がいるということ自体に驚いてしまいました。

近い存在だけに、変に騒ぎにできないので本当に難しい話だと思っています。

Read full story »

Filed Under:ブログ

引き取り訓練の行き方

By on 11月 14th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

息子の通う幼稚園では、年に1度ですが、 9月の初旬に関東大震災の教訓を生かした、防災訓練の日を設けています。幼稚園はいろいろなところから通って来ている人が多いので、災害時を想定して、引き取り訓練を実施しているのです。

午後になると携帯電話に幼稚園からメールが入ります。保護者全員に向けてです。震災が発生したので幼稚園までお子さんを引き取りに来てください。交通手段は全て麻痺しているものと考えて、自転車や自家用車などでは迎えに来ないで、徒歩で迎えに来てくださいと言う内容のメールです。実際に災害が起こったときは、そのようにしなくてはならない事は重々承知しています。我が家から息子の通う幼稚園行く道は、大きな川が流れているのですが、その川が氾濫してしまったらもちろんその道は使えませんし、大きく迂回をして迎えにいかなければなりません。そういうことも考えると、迎えに行く方法もしっかりと考えてたとえ遠回りでも正規の道を通るべきなのですが、実際の訓練となると、なかなか本気で臨む人も少ないようです。

私などは、幼稚園に直接自転車で向かってしまいました。さすがに、幼稚園の目の前に自転車を止めることが禁じられていることですし、先生などに見つかってしまった場合の罰の悪さを考えるととてもじゃないけどできません。

ですから、幼稚園が見えなくなる門のところに自転車を駐輪して、そこから徒歩で少しだけ歩いて子供をあたかも歩いて迎えに来たように演じてしまっています。

同じようなことを考えている保護者の方は結構いるようで、私が自転車を止めていた公園には、何十台もの自転車が止まっていました。そういう光景をみると不覚にもホッとしてしまうのです。良くないことですが人間こんなものです。

同じクラスのお母さん方にも遭遇したのですが、中には、真剣にこの訓練に取り組んでいて、かなりの距離があるのに実際に歩きで迎えに来ていた方もいらっしゃいました。本当に偉いなと思いましたし、自分のしたことが大変大人げなく感じ、とてもじゃないけど自転車できたなんて知られたくないなと思いました。

Read full story »

Filed Under:ブログ

エコバックの浸透

By on 11月 11th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

何年ほど前からでしょうか。日本のスーパーでも、エコバックと呼ばれる自分の家から持って行ったカバンの中に食材を直接レジでつめて帰る方法がとられるようになってきました。

私がそれを知ることになったのは、アメリカに約2年間暮らしていた時のことでした。アメリカのスーパーのビニールのレジ袋は、あまりに品質が悪すぎて、薄っぺらな袋なので1枚では到底たくさん荷物を入れることができません。それで結局3枚も4枚も重ねたビニール袋を使うようになっていました。お店の人も初めから数枚重ねて渡してくれるくらいの感覚でした。

そんな中、アメリカ人たちは自分の家からカバンを持っていき、レジ袋に直接詰めてもらう方法とっていたのです。私はその方法見て今まで日本にはない感覚だなぁと思いました。確かに、自分の袋を持っていけば、精算が終わった後に自分でわざわざ袋詰めをする手間が省けます。アメリカのスーパーでは、直接食材をビニール袋に入れながら清算をしてくれるところもあるのですが、それとは別に、デザインの大変可愛らしいエコバックが大量に販売されていました。

私はアメリカ土産に日本のお友達にたくさんのエコバックを持って帰っていきました。みなさんとても喜んでくれました。そうして、近年では徐々に日本にもエコバックの文化が浸透してきたようです。

少しずつリサイクルの意識も高まってきているようで、スーパーによってはレジ袋が有料なところもあります。また、エコポイントと言って自宅からショッピングバックを持っていった人はプラスでポイント付けてくれるお店もあります。こういうことをコツコツとやっていくのが日本人ぽいなと思いました。

私もエコバッグ持っていくようになり、ずいぶんと買い物が楽になりました。最近では、そういう方法で買い物している人たちがおしゃれに見えるのも現実です。ビニール袋もたまるとかさばって使い切れないので、これからは資源の無駄使いを少しでも減らさなくてはならないなと思っています。ゴミ袋としてたまには必要ですので、考えながら使っていきたいです。

Read full story »

Filed Under:ブログ

キャラクターに頼るメーカー

By on 11月 8th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

先日、スーパーに行った時1つ買い物しなくてはならない物を思い出しました。それは虫さされの時に塗るムヒです。我が家の子供たちはしょっちゅうかに刺されてしまうため、の日は必須のお薬です。しかし、家に残っているムヒはもう残りがほとんどわずかなので、早く買わなくてはと思っていました。

そして、スーパーでそれを思い出したので私はムヒを手に取りその箱を見てみると、僕にくくりつけられた可愛らしいアンパンマンのキーホルダーが付いていました。それを一緒に見ていた2歳になったばかりの息子が大興奮しかしてかしてと大騒ぎしました。私はそれを渡したのですが、そのキーホルダーを見るなりこれは僕のといって大事に抱え込みました。私もどのようなキーホルダーなのだろうと見せてもらったのですが、可愛らしいことに、アンパンマンがムヒのチューブを抱えてニッコリ笑っている、ムヒ専用のどこにも売っていないキーホルダーだったのです。ほかの箱を見てみるとバイキンマンやドキンちゃんも同じようにムヒを抱えてにっこりと笑っています。一体息子はどのキーホルダーが欲しいのか全てのキャラクターを手に取り見せてみました。

すると、やはり息子はアンパンマンのキーホルダーを手に取りました。アンパンマンがムヒを抱っこしてるね嬉しそうに言っていました。私もムヒでこんなにピンポイントなうれしい特典が付いてくるなんて思いもしなかったので、これは良い買い物したと思いました。

それにしても、世の中どこに行ってもアンパンマンのキャラクターにあふれていることを、子育てをしながら気づかされます。お菓子もそうですし、ソーセージなどもそうです。商品そのものだけでは売れ行きはよくないだろうけれど、ちょっとしたキャラクターをつけることで子供を惹きつけることができます。うちの息子はしょっちゅうアンパンマンのふりかけを買います。毎日なのふりかけをかけようか袋を見てずっと考え込んでいます。そして、永谷園から出ているアンパンマンのカレールーも大好きです。このカレーには付録として1枚必ずアンパンマンのキャラクターのシールがついています。それに惹かれてどうしても買ってしまうのです。

メーカーも商品が売れるのであれば、このような手を使わざるを得ないんだろうなと思いました。

Read full story »

Filed Under:ブログ

嫌がらせに困惑

By on 11月 5th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

同じマンションに住んでいるお友達の話です。その奥さんから相談を受けたのはある日の朝のことでした。マンション内の掃除をしていたところ通路を歩いてきた奥さんと世間話を始めました。いつものように掃除をしながらたわいのない話で盛り上がっていたのですが、ふとしたことから急に深刻な顔になり相談をしてきたのです。

最近、自分の家のドアノブに、謎の紙袋がかけられていたり、虫の死骸が玄関の真ん前に置かれていたりするとのことでした。なんだか君が悪いし、一体これは何なのだろうと不安になっているという話でした。私もそれを聞いて身震いしました。同じフロアに住んでいる知人でしたし、前の人ともコミュニケーションをとっている方なので、そんな変なことが起こるなんて思ってもいなかったのです。

偶然かなとも思いましたが、偶然にしては不自然なことが多すぎるとその奥さんは言います。不自然だと思うと言う事はやはり誰かが故意にそんなことをしているのかもしれません。確かに、以前にもこのマンションでは、見覚えのない通信販売の商品が自宅に届いてしまうというような嫌がらせを受けているというご家庭があったようで、大問題となったことがありました。

そんなことが起こるマンションなので、もしかしたら自分のところにも何か原因があって嫌がらせを受けているのではないかとその奥さんは心配していたようです。

気にかかることがあるけれども、明らかな嫌がらせとわかるような現象が起きているわけでもないので、私は答えに苦労してしまいました。

子供が家の中でジタバタとうるさいので、そのような嫌がらせをかけてもおかしくないとその人に見に覚えがあったようなのです。

私は気のせいですよと言うしかできませんでした。変に波風を立ててしまってもよくないと思ったからです。また決定的な何かが起こったときに、真実は明らかにするべきだと思いました。ですから、今までも何かと勘違いの多い人だったりするので、管理人さん巻き込んだりして問題にしないほうがいいよとアドバイスしました。

集合住宅での生活は色々と大変です。

Read full story »

Filed Under:ブログ

西向きの部屋の恩恵

By on 11月 2nd, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

我が家は現在で分譲マンションで暮らしています。西向きのベランダで、 六階なのですが、うちのマンションの周りはすべて低層住宅地域なので、ベランダからの見晴らしが大変良いのです。

かなり遠くの空までしっかりと確認できます。西の向こうの方には高尾山が望めます。こんな素晴らしい環境でありながら都心で生活できるなんて本当に嬉しいのですが、その中でも一番嬉しいと思う事は、かなり遠くの地域まで見渡せるので、向こうの方の天気がよくわかるのです。雲の動きが果てしなく遠くまで観察できるので、そろそろ雨雲がこちらのほうにやってくるとか、にわか雨がそろそろやむだろうとか、青空と雨雲の境目をしっかりと確認できることがとても多いのです。

私は、そんなこのマンションが大好きです。我が家の子供たちの最近のお気に入りは、ソファーの上から西側の空を夕方頃眺めて、日が沈むのを観察することなのです。

午後に太陽が西の方角に降りてくると、どんどんこちらに来たよといって、最後にオレンジ色に燃えている太陽を見ながら、「太陽さんもそろそろおうちへ帰っていくんだね、僕たちもカーテンを閉めて夜ご飯を食べよう」と言うのが毎日の日課になっています。

息子は、自分の通う幼稚園の方角をいつも気にして見ています。幼稚園のある方に大きな雨雲がかかっていると、「幼稚園の先生は雨に濡れちゃうかな、うちは今雨が降っていないけれど、幼稚園は雨が降っているのかな。」と不思議そうに話しています。

こういうことも自然と考えられるのも、とても良い勉強になると思っています。

そういえば、私も勉強していることがありました。
それは登録商標です。
父が会社を経営しているのですが、それの手伝いをしています。
手続等でややこしいことが多いですがとてもやりがいがあります。

普段の生活から、何気ない事でも子供のためになるものを見つけて教えてあげれればいいなと感じました。

そんな我が家の子供たちは、空を見上げることが多くなったので、最近では天気を気にしたり、図鑑で雲や雷の不思議について自ら調べたりしています。好奇心を育むことは子供にとってかけがえのない宝となると思っています。お金をかけて色々な経験をさせるよりも、身近なものをどんどん活用することを親の方も考えなくてはならないなと思っています。

Read full story »

Filed Under:ブログ

BURDIGALAのパン

By on 8月 24th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

数年前までは、夏でも構わずにパンを焼いていました。
でも、年々暑さは酷くなるばかりです。
毎日どこかで35℃を超えていますし、我が家のキッチンも36℃前後ということがほとんどです。
冷房を入れてもいいけれど、それでパンを焼くのもどうかなと思っているので、今年は潔くパン焼きを中止しました。

先々週の涼しい中では理想カンパを仕込みましたが、それもそろそろ底を尽きます。
だから、この際に色々なお店のパンを食べて勉強しようと思っています。

そうは言っても、私は行き当たりばったりで生きている人間です。
食べてみたいパン屋さんまで出向いて購入するほどの情熱もないので、気付いた時に良さそうだなと思えるパン屋さんで購入するくらいのものです。

先日、久々に都心に出ました。
歯のホワイトニングをやっています
そこで、東京駅の地下に立ち寄る機会があり、たまたま目に入ったのが『BURDIGALA EXPRESS』でした。
知らないお店だなと思って調べてみたら、トリコロールグループのブーランジェリーでした。

購入したのは2点です。
私が日々研究しているバゲットと、焼くのが苦手な山食です。

バゲットは酵母種を使ったものと、イーストの低温長時間発酵の2種類がありました。
私が目指しているのは、酵母種を使った瑞々しいバゲットなので、酵母種の方をチョイスしました。
粉はフランス産だったでしょうか?
確かそう書いてあったはず(笑)。

気泡はほどほどなので、それほど加水は多くないのかなという感じでした。
クラストはよく焼かれていた感じなので、私好みのタイプです。
それほど酵母の香りは立っていなかったような気がします。
粉も主張がない感じなので、万人受けかなという感じがしました。
私個人の好みとしては、粉の味は特徴ある方が好きです。

山食はリッチ系だと思います。
材料を見てこなかったのでなんとも言えませんが、脂質は多めかなと思います。
キメが細かいですが、焼くとサクッとして美味しいです。
食パンに関しては未だに自分の好みが確立できません。
どっしりしたのも好きだし、サクッとしたのも好みだし…。
でも、食パンは自家製酵母よりもイーストもしくはホシノ天然酵母が好きですね。

今度はどこのパン屋で購入しようかな?
出来れば、小さな拘りパン屋がいいです。

Read full story »

Filed Under:ブログ

飯島奈美さん

By on 4月 18th, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

“『かもめ食堂』『めがね』『プール』の三部作で一躍有名になったフードスタイリストの飯島奈美さん。
業界では消えものと言われている料理を、食べるものに変えてしまったという料理の達人です。

旦那と私の初めての映画デートは、『南極料理人』でした。
少しもお腹が空いていない状態であったにもかかわらず、観ている最中から2人のお腹がグーグー鳴りやみませんでした(笑)。
そして、この映画はとてもユーモラス溢れる映画だったので、笑い泣きが止まらなかったのも事実です。

2人とも、基本的には和食LOVEなので、飯島さんの丁寧に作られた料理が好きになりました。
決して和食だけではないのですけどね。
でも、基本の料理が出来ない人の料理は、どんなに美味しそうでもそそられないのです。

調理師の免許を持っている旦那は、私よりも丁寧な仕事をします。
だから、最初にこの飯島奈美さんの南極料理人のレシピ本をプレゼントしました。

この本を見ながら作ることはなかなかないのですが、時々眺めています。
基本に立ち返る事って重要だと思うのです。
基本が出来なければ、応用なんて出来ないわけですしね。

そんなわけで、普段手抜きをしがちな私は、よく旦那から注意されます。
変な創作に走ると、飯島さんの本を読んで基本に戻れよとf^_^;”

Read full story »

Filed Under:ブログ

洗車グッズ

By on 4月 2nd, 2012. This post has コメントは受け付けていません。

先日、ディーラーにて車のお手入れの出来を褒められました(*^_^*)
こんなこと初めてぇ!!

というのも、我が家にして初のダーク色の車だからです。
最近買い換えたんですよ!MRワゴンに☆
今までは白ばかり。
それが今回は初めてダークということで、とーっても汚れが目立ち気になるのです。
そして洗車に目覚めた主婦の私・・・
ついに洗車グッズを揃えましたよー!!

 洗車グッズ

きっと車好きの人、もしくは車を扱う職業の人からしたら変な揃え方でしょうね。
ワックス入りのシャンプーを買いつつ、スプレータイプの洗剤を買ってみたり、窓やガラスには気遣っていそうながらタイヤ回りのグッズは何もなかったり・・・
でもね、これでいいのです!
これが主婦の私が気になる場所を綺麗にするための、とりあえずのスターターキッドなので!
これで洗車してみて、また気になったら買い足そうと思います。

白い車に比べ、ダーク色の車は綺麗になっていると確実に褒められます。
白の時はいくら洗車後でも褒められることはありませんでしたが、ダークになってからは道行く人まで「ピカピカだね」「綺麗な色だね」などと褒めてくれます。
車のことを褒められて嬉しいなんて、主婦の私には人生初めての感覚ですぅ(*^^)v

こうやって女子も車にハマっていくんだろうな。
最近、ミラーレス一眼レフを購入してカメラ女子にもなりそうな私。
次回はぴっかぴかになった車をパシャリとしてアップしてみようかな~☆

車自体はMRワゴンなので、女子系の車ですが、
案外中は広いんですよー!びっくり。
今まで大きい車に乗ることが合ったので、小さめの車にはちょっと恐怖心がありましたが、
全然そんなことないし、むしろコロンしたボディーがなんか愛嬌があって可愛い~!

・・・ってなんだか私すっかり車の虜?(笑)

Read full story »

Filed Under:ブログ