BURDIGALAのパン

By on 8月 24th, 2012.
Filed Under:ブログ
Subscribe via: RSS

数年前までは、夏でも構わずにパンを焼いていました。
でも、年々暑さは酷くなるばかりです。
毎日どこかで35℃を超えていますし、我が家のキッチンも36℃前後ということがほとんどです。
冷房を入れてもいいけれど、それでパンを焼くのもどうかなと思っているので、今年は潔くパン焼きを中止しました。

先々週の涼しい中では理想カンパを仕込みましたが、それもそろそろ底を尽きます。
だから、この際に色々なお店のパンを食べて勉強しようと思っています。

そうは言っても、私は行き当たりばったりで生きている人間です。
食べてみたいパン屋さんまで出向いて購入するほどの情熱もないので、気付いた時に良さそうだなと思えるパン屋さんで購入するくらいのものです。

先日、久々に都心に出ました。
歯のホワイトニングをやっています
そこで、東京駅の地下に立ち寄る機会があり、たまたま目に入ったのが『BURDIGALA EXPRESS』でした。
知らないお店だなと思って調べてみたら、トリコロールグループのブーランジェリーでした。

購入したのは2点です。
私が日々研究しているバゲットと、焼くのが苦手な山食です。

バゲットは酵母種を使ったものと、イーストの低温長時間発酵の2種類がありました。
私が目指しているのは、酵母種を使った瑞々しいバゲットなので、酵母種の方をチョイスしました。
粉はフランス産だったでしょうか?
確かそう書いてあったはず(笑)。

気泡はほどほどなので、それほど加水は多くないのかなという感じでした。
クラストはよく焼かれていた感じなので、私好みのタイプです。
それほど酵母の香りは立っていなかったような気がします。
粉も主張がない感じなので、万人受けかなという感じがしました。
私個人の好みとしては、粉の味は特徴ある方が好きです。

山食はリッチ系だと思います。
材料を見てこなかったのでなんとも言えませんが、脂質は多めかなと思います。
キメが細かいですが、焼くとサクッとして美味しいです。
食パンに関しては未だに自分の好みが確立できません。
どっしりしたのも好きだし、サクッとしたのも好みだし…。
でも、食パンは自家製酵母よりもイーストもしくはホシノ天然酵母が好きですね。

今度はどこのパン屋で購入しようかな?
出来れば、小さな拘りパン屋がいいです。

Comments are closed.