嫌がらせに困惑

By on 11月 5th, 2012.
Filed Under:ブログ
Subscribe via: RSS

同じマンションに住んでいるお友達の話です。その奥さんから相談を受けたのはある日の朝のことでした。マンション内の掃除をしていたところ通路を歩いてきた奥さんと世間話を始めました。いつものように掃除をしながらたわいのない話で盛り上がっていたのですが、ふとしたことから急に深刻な顔になり相談をしてきたのです。

最近、自分の家のドアノブに、謎の紙袋がかけられていたり、虫の死骸が玄関の真ん前に置かれていたりするとのことでした。なんだか君が悪いし、一体これは何なのだろうと不安になっているという話でした。私もそれを聞いて身震いしました。同じフロアに住んでいる知人でしたし、前の人ともコミュニケーションをとっている方なので、そんな変なことが起こるなんて思ってもいなかったのです。

偶然かなとも思いましたが、偶然にしては不自然なことが多すぎるとその奥さんは言います。不自然だと思うと言う事はやはり誰かが故意にそんなことをしているのかもしれません。確かに、以前にもこのマンションでは、見覚えのない通信販売の商品が自宅に届いてしまうというような嫌がらせを受けているというご家庭があったようで、大問題となったことがありました。

そんなことが起こるマンションなので、もしかしたら自分のところにも何か原因があって嫌がらせを受けているのではないかとその奥さんは心配していたようです。

気にかかることがあるけれども、明らかな嫌がらせとわかるような現象が起きているわけでもないので、私は答えに苦労してしまいました。

子供が家の中でジタバタとうるさいので、そのような嫌がらせをかけてもおかしくないとその人に見に覚えがあったようなのです。

私は気のせいですよと言うしかできませんでした。変に波風を立ててしまってもよくないと思ったからです。また決定的な何かが起こったときに、真実は明らかにするべきだと思いました。ですから、今までも何かと勘違いの多い人だったりするので、管理人さん巻き込んだりして問題にしないほうがいいよとアドバイスしました。

集合住宅での生活は色々と大変です。

Comments are closed.