引き取り訓練の行き方

By on 11月 14th, 2012.
Filed Under:ブログ
Subscribe via: RSS

息子の通う幼稚園では、年に1度ですが、 9月の初旬に関東大震災の教訓を生かした、防災訓練の日を設けています。幼稚園はいろいろなところから通って来ている人が多いので、災害時を想定して、引き取り訓練を実施しているのです。

午後になると携帯電話に幼稚園からメールが入ります。保護者全員に向けてです。震災が発生したので幼稚園までお子さんを引き取りに来てください。交通手段は全て麻痺しているものと考えて、自転車や自家用車などでは迎えに来ないで、徒歩で迎えに来てくださいと言う内容のメールです。実際に災害が起こったときは、そのようにしなくてはならない事は重々承知しています。我が家から息子の通う幼稚園行く道は、大きな川が流れているのですが、その川が氾濫してしまったらもちろんその道は使えませんし、大きく迂回をして迎えにいかなければなりません。そういうことも考えると、迎えに行く方法もしっかりと考えてたとえ遠回りでも正規の道を通るべきなのですが、実際の訓練となると、なかなか本気で臨む人も少ないようです。

私などは、幼稚園に直接自転車で向かってしまいました。さすがに、幼稚園の目の前に自転車を止めることが禁じられていることですし、先生などに見つかってしまった場合の罰の悪さを考えるととてもじゃないけどできません。

ですから、幼稚園が見えなくなる門のところに自転車を駐輪して、そこから徒歩で少しだけ歩いて子供をあたかも歩いて迎えに来たように演じてしまっています。

同じようなことを考えている保護者の方は結構いるようで、私が自転車を止めていた公園には、何十台もの自転車が止まっていました。そういう光景をみると不覚にもホッとしてしまうのです。良くないことですが人間こんなものです。

同じクラスのお母さん方にも遭遇したのですが、中には、真剣にこの訓練に取り組んでいて、かなりの距離があるのに実際に歩きで迎えに来ていた方もいらっしゃいました。本当に偉いなと思いましたし、自分のしたことが大変大人げなく感じ、とてもじゃないけど自転車できたなんて知られたくないなと思いました。

Comments are closed.