子供の問題に悩む

By on 11月 17th, 2012.
Filed Under:ブログ
Subscribe via: RSS

息子の通う幼稚園のお友達の話です。同じバス停から乗る年少さんのお友達のお母さんが、先日我が家に遊びに来ました。母親だけで一緒にお茶をして話す事はあまりないので、その日はゆっくりおいしいケーキを食べながらのお茶会になりました。

子供同士はそれなりに仲が良く、私の娘は、その年少さんのことを大変可愛がっています。そんなことからも親同士はつながって、親しくなりました。しばらく話をしていると、そのお母さんが急に神妙な顔つきで私に相談事をしてきたのです。

実は、近所に住んでいるえいこちゃんのお話です。うちの娘と同じ学年である彼女は、一人娘で普段から結構なわがままを連発している子供です。女の子なのに小さい子供にも優しくしてあげることがなかなかできずに、少し問題ありと一瞬思ってしまうような感じの子供です。

そんな彼女が、その年少さんと幼稚園で2人だけになったりしたときに、どうやらバスの中で手をつねったりするような意地悪をされているというのです。

自分の子供はまだ小さいので、言っていることが真実なのかどうか見極めるのがとても難しく判断に悩んだようなのですが、作り話で詳細なことまで話すこともできないだろうということでお母さんは自分のお子さんのことを信用していました。

しかし、その話を私は初めて聞いた時、本当に衝撃を受けてしまったのです。そのつねるお子さんは、私の娘に対してもしょっちゅう同じようなことをしていて近い存在として私は大変悩んでいたのです。そして、別のお子さんでも、その子からつねられるという被害を受けている子がいることも私もしっていました。ですから、その奥さんが話を聞いたとき、おそらくそれは真実なのだろうという話をしました。自分の経験と、周りで同じような被害に遭っている人の話をしてあげると、そのお母さんも妙に納得していました。

近所でこれからも長い付き合いになるので、どのようにこの問題を解決すべきか考えました。 1人で考えるよりも一緒に考えた方がいろいろと知恵は出るものです。直接お母さんに打ち明けるか、それとも遠回しに幼稚園から伝えてもらうかなど色々な案が出ました。
母親同士でも、考え方にいろいろ微妙な違いがあるので、個人個人の思うように行動すべき、それぞれやりたいようにやったほうがいいということで結論付けましたが、これだけ被害者がいるということ自体に驚いてしまいました。

近い存在だけに、変に騒ぎにできないので本当に難しい話だと思っています。

Comments are closed.